宮城の特産品を使った朝ごはんレシピ

宮城の特産品を使った朝ごはんレシピをご紹介

貝柱の中華 仙台麩添え

貝柱の中華 仙台麩添え

材料(2人前)

干し貝柱……6個程度/水a……70cc程度
ひとめぼれ……1/2カップ/水b……6カップ
サラダ油……小さじ1/塩……小さじ1
仙台麩……5cm/仙台小ネギ……5cm
クコの実、白ごまなど薬味……適宜
*1カップ=200cc

作り方

1.貝柱を戻す

干し貝柱をひたひたの水aに浸けて戻す(できれば一晩かける)。米をといでザルにあげて水を切り、サラダ油をまわしかけて全体をかき混ぜる。

2.おかゆを炊く

鍋に水bを入れて火にかけ、煮立ったら1の米を加える。さらにほぐした貝柱と貝柱の戻し汁を加えて、そのまま中火で20~30分ほど煮る。

3.味付け

米が柔らかくなったら、塩を加えて調味し、器に盛りつける。仕上げにななめ切りにした仙台麩を添え、仙台小ネギの小口切りやクコの実などを散らせばできあがり。

お粥にはひとめぼれがぴったり!お粥にしてもきちんと粒が残ります。

はらこめし風ちらし寿司

はらこめし風ちらし寿司

材料(4人前)

[酢飯]
ササニシキ……2合
合わせ酢(米酢……70cc/砂糖……大さじ1/塩……小さじ1)
[具材]
生食用サーモン……100g/イクラ……40g
笹かまぼこ……2個/キヌサヤ……5枚/木の芽……適宜

作り方

1.すし飯をつくる

合わせ酢の材料は混ぜ合わせておく。少しかために炊き上げたごはんを、飯台に入れ、合わせ酢をまわしかけてしゃもじで切るように混ぜる。好みで細かく刻んだ椎茸の甘煮をすし飯に混ぜ込んでもよい。
*椎茸の甘煮の作り方:干し椎茸4個をひたひたの水で戻し、戻し汁(少ない場合は水を足して1カップ程度にする)と調味料(醤油、みりん、酒、砂糖、各大さじ2)で煮詰める。

2.材料を切る

サーモンは2cm角程度に食べやすく切る。笹かまぼこは5mmの厚さのななめ切りにする。キヌサヤは塩少々を加えた熱湯でさっと茹で、細かく刻む。

3.盛りつけ

すし飯を重箱に平らに詰め、具材を写真のように彩りよく盛りつけ、木の芽を飾ればできあがり。

お寿司にはさっぱりとした味わいのササニシキがオススメです。